おせちレシピの由来

おせちレシピの由来

「おせち料理」は、もともとは季節の変わり目の節句に神様にお供えした料理(またはそのレシピ)から来た名称と言われています。漢字では「お節」と表記し、季節の変わり目の神事に欠かせないお供え物(料理)全体を指していましたが、その後一年のうちで最も重要とされる年初めの祝いの料理のみが「おせち料理」と呼ばれるようになりました。おせち料理はさまざまな意味を持つ祝いの料理を重箱に詰込んだ、祝い膳でもあります。神様に料理をお供えすることで、過ぎ去った年を感謝し、訪れる年の無事と家族の幸せを祈ります。おせち料理のために作られる料理のひとつひとつには、五穀豊穣、家内安全、子孫繁栄などの意味を持ち、食材の選定から調理法に至るまで“こだわりのレシピ”が存在しています。例えば、おせち料理に欠かせないエビは「長寿の象徴」と言われ、長いヒゲが生え、腰が曲がるほどの長寿を祈るという意味を持ち、お子様からお年寄りまで人気がある栗きんとんは「豊かさと勝負運」を祈願したもの、数の子は「子宝と子孫繁栄」を、黒豆はマメに元気で健康に「元気に長く働ける」ということを祈願しています。そういった料理を重箱に詰め合わせるのにも「めでたさを重ねる」という意味を持っており、その詰め方、重の重ね方にもレシピが存在しています。おせち料理が保存性を高めるようなレシピになっているのも、正月に台所で火を使わないようにし、荒神様(火の神様)を怒らせないようにするため、普段家事を努める女性を休ませるためと考えられています。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

copyright © おせちレシピの由来 All Rights Reserved.